仮想通貨の楽しみ方

BTC、NEM、ETH、ZNYなど仮想通貨の楽しみ方


【bitZeny】Yespower でどれだけ掘れるのかマイニングをしてみた。

自称マイナーのiwaです。

f:id:fj321:20180921155050j:plain

今年の1月頃からBitzenyのマイニングには

ZNYminerを愛用してきました。

理由はシンプルに効率がいいからです。

 

今回は噂のYespower に対応したマイナーを

公開して頂いた方がいたのでテストしてみました。

 

使用しているソフトは作者様の厚意によって

開発、公開されています。

作者様の熱意により開発が日々進化しているため、

Ver,ごと結果が違うこともあります。

最大級の感謝をしつつ、検証を行いましょ~。

 

ツールのDL先

 

・ZNYminer260-yespower-Win64bit [新Ver,] [yescryptとyespower両対応]

https://github.com/cryptozeny/cpuminer-mc-yespower/releases

 

・ZNYminer (Ver,2.6.0) [旧Ver,]

https://github.com/macchky/cpuminer/releases/tag/v2.6.0

 

 

・cpuminer-yespower ( Ver,0.1.0 ) [BroadwellとSkylakeに対応]

https://github.com/ROZ-MOFUMOFU-ME/cpuminer-yespower/releases/tag/v0.1.0

 

・cpuminer-yespower ( Ver,0.0.3 ) [旧Ver,]

https://github.com/ROZ-MOFUMOFU-ME/cpuminer-yespower/releases/tag/v0.0.3

 

使い方

基本的には定番のbatファイルの書換えだけです。

 

今回はYesPowerの方を例にします。

解凍したフォルダを覗くと、「start.bat」というファイルがあります。

これをメモ帳で構いませんので開きます。

 

minerd -a yespower -o stratum+tcp://zny.mofumofu.me:3332 -u ZmnBu9jPKvVFL22PcwMHSEuVpTxFeCdvNv.CLT04
pause

 

と記載されています。

たぶん、このままでは自分のウォレットにマイニングしたZNYが

入ってこないので自分の設定に書き換えます。

 

赤字部分:使う実行ファイルによりファイル名を変える。

紫色部分:使用するプールのアドレス

紫色部分:自分で登録したワーカー名

 

書き換えたら保存して完了です。

 

赤字部分のファイル名は同梱のREADME.txtに書いてあるように

自分のPCのCPUによって効率のいいソフトを選択しましょう。

もしわからなければ試してみましょう。(間違っても壊れたりしないので。)

 minerd-sse2.exe "-march=core2" Core2
 minerd-sse42.exe "-march=corei7" Nehalem
 minerd-aes-sse42.exe "-maes -msse4.2" Westmere
 minerd-avx.exe "-march=corei7-avx" Sandybridge, Ivybridge
 minerd-avx2.exe "-march=core-avx2" Haswell...
 minerd-avx-sha "-march=corei7-avx -msha" Ryzen...

 

テスト結果

 

今年買ったノートPCですが、CPUはcore i5-8250Uという

インテルの第8世代Coffee Lakeです。

結果はZNYminer260の方が数字は高いようです。

README.txtをみてもCoffee Lakeの記載が無かったので仕方ないですw

 

 こちらがBitzenyマイニングメイン機です。

CPUはコスパ最高(だった)Ryzen7 1700です。

8コア16スレッドなのに安くかなり売れたCPUです。

普通にテストしたときは、正直悪化したんですが

 

 minerd-avx-sha -help

でヘルプを表示してみると -t でスレッド数の制限が出来るようです。

CPUマイニングではフルスレッドで全力マイニングするときより

スレッド数を半減した方がハッシュレートが上がることがあるので

テストしてみました。

 

コマンドは先ほどの例を参考にすると

minerd-avx-sha -a yespower -t 8 -o stratum+tcp://zny.mofumofu.me:3332 -u ZmnBu9jPKvVFL22PcwMHSEuVpTxFeCdvNv.CLT04
pause

 

黄色部分-t がすれっと数の制限。8が使用するスレッド数です。

 

はい。これだけの追加で劇的に速くなりましたw

 

つい、ニヤ~としてましたw

Ryzen7 1700は2台稼働中なので、急いでもう1台にも導入しましたよw

 

 

 

今回は普段使いのノートPCとマイニング用のRyzenでテストしてみました。

が、Ryzenでも現状は利益出ませんw

 

けど、どーせマイニングするなら

少しでも効率よく掘った方が楽しいじゃないですか!

 

フル稼働中の人も、スレッド数を変えたりして

たまには試行錯誤して、楽しく遊びましょうw