仮想通貨の楽しみ方

BTC、XRP、NEM、ETH、NEOなど仮想通貨の楽しみ方


「ハード ディスクの問題が検出されました」と表示されたので、急遽HDDを交換した!

古いPCを延命しながら使い続けていました。

こちらのPCはもう酷使していないのに

HDDの寿命が来ました。

f:id:fj321:20170925094643p:plain

ハード ディスクの問題が検出されました

と残念な表示が出ました。

 

容量を調べてみると

f:id:fj321:20170925094847p:plain

150GB程度のHDDでした。

これなら安く交換できます!

 

Amazonさんで調べていると面白いモノを発見!!

MARSHAL SSHD 2.5インチ HYBRID 内蔵 HDD

500GB 5400rpm 7mm厚 SATA スリム 薄型 SSD搭載 MAL2500HSA-T54L

 

     

SSDHです!

SSDが普及し始めたころに、SSDとHDDの両方を持った

ハイブリッドなドライブとして登場したモノです。

簡単に言うとキャッシュが巨大なHDDと言ったところでしょう。

HDDより速く、SSDより安価に大容量を実現したものです。

今となっては微妙な立ち位置かもしれませんが

安くて面白そうなのでポチってみました。

 

HDDの交換方法はWindows7の場合、

コンパネの「バックアップと復元」から「バックアップの設定」をクリック

f:id:fj321:20170925100805p:plain

 

外付けHDDを選択して次へ

f:id:fj321:20170925101122p:plain

自動選択-次へ

f:id:fj321:20170925101157p:plain

「設定を保存してバックアップを実行」をクリック

f:id:fj321:20170925101232p:plain

あとは待つだけです。

f:id:fj321:20170925101319p:plain

待ちます。かなり時間かかります。

f:id:fj321:20170925101348p:plain

150GB程度でも1時間くらいはかかります。。。

f:id:fj321:20170925101408p:plain

 

復元はDVD-Rを使って、修復用ディスクを使って起動して

バックアップを作った外付けHDDを接続しておき、

古いHDDがつながっていたケーブルに新しいHDDを入れ替えて

進んでいけば簡単に復元が出来ます。

 

無事に新HDDへ乗せ換えが完了しました。

 

完全にHDDが死亡する前に交換が出来てよかったです。

NEMのウォレットが入っていたPCだったので、

うっかりと消えてしまったら一大事です!

ハーベストの準備(既得バランス)も8900XEMまで進んでいました。

一応ウォレットのバックアップは取っていますが

こんなPCが起動すら出来なくなるリスクは極力減らしたいので

エラーが出たらHDDはすぐに交換した方がいいですね。

(そもそも古いHDDを使い続けているのが悪いんですけど)

 

HDDも安いものではないので在庫を持つというのは

難しいですけど、修復ディスクはあらかじめ作っておいた方がいいと思います。

最近は安定しているとはいえ、

ブルースクリーンの大好きなWindowsなのでw