仮想通貨の楽しみ方

BTC、NEM、ETH、ZNYなど仮想通貨の楽しみ方


CPUで仮想通貨「Zoin」をマイニングしてみた。

何故かこのブログは私の黒歴史(マイニング)の記事が人気らしいです。

 コチラの記事→ http://btclove.hatenablog.com/entry/2017/09/05/120326

 

黒歴史なのでそっとしておいてください。(笑)

そんな黒歴史を塗りつぶすような新しい黒歴史を作ってみました。

 

はい。それが「Zoin」です。

CPUでマイニングできる仮想通貨です。

というより、CPUでしか掘れない仮想通貨です。

 

世間様ではASICやGPUを大量購入してマイニングするのが

流行りですがCPUで掘ることしか出来ないとなると

私にも僅かな可能性が見えます。

何故かというと、弱小PCなら何台かあるからです。

例えば、キラキラ系女子が存在すら知らないTeclast社Windowsタブレットとか

パパンに大きなUSBメモリと勘違いされた

マウスコンピュータースティックPCとか無駄に持っていますw

 

CPUマイニングって最近はMinergateやNiceHashくらいしかやっていませんでした。

大昔にBitcoinを掘っていた記憶もありますが…。

 

まぁやってみましょう!

 

<用意するモノ>

Windows用ウォレット(Zoin-qt.exe) :https://github.com/zoin/zoin/releases/
マイニングプール:http://zoi.acc-pool.pw/
マイニングソフト CPUminer Optimized version:https://bitcointalk.org/index.php?topic=1326803.0

 

一応、ローカルウォレット作って掘ってみました。

プールは登録が必要みたいです。(熟読せずに登録したんですけどね)

 

マイニングソフトは面白いことにWINDOWS版のZIPファイルに4個入っていました。

cpuminerの名前はやっぱり聞き覚えありますが、

昔はこんなに入っていませんでした。

 

たぶん最新の高性能CPUに対応するためかと思いますが

私にはそんな高スペックな機能は不要です。

数で勝負しますから!

 

cpuminerのコマンドは

>cpuminer-sse2 -a lyra2zoin -o stratum+tcp://zoi.acc-pool.pw:8828 -u ZoinName.User -p password

で、OKです。

 ZoinName.Userとpasswordはワーカーの登録時のモノです。

 プールで登録したワーカーが下の方に書かれているはずです。

 

で、掘ってみました。

Winタブは11~35H/s程度を行ったり来たりしています。

他のPCでも同時に掘ってみますが

Poolのダッシュボードを見ると

0.26/sと散々な結果です…。

f:id:fj321:20170918111253p:plain

 

どんなCPUを使えばハッシュレート上がるんだろう…。

Ryzen7 1700を使おうと思ったけど、AMDでも使えるのかな?

今度試してみます。

 

amzn.to