仮想通貨の楽しみ方

BTC、NEM、ETH、ZNYなど仮想通貨の楽しみ方


 BitZeny防衛戦 に参加した感想と課題

まだ完全勝利とは言えない状況ですが

 BitZeny防衛戦もだいぶ収束してきたようです。(たぶん)

 

f:id:fj321:20181013204438j:plain

 

仮想通貨史上初のマイニングによる不正チェーンの駆逐

 このツイートは BitZeny防衛戦に参加した1人としては

大変誇らしいことです。

 

BitZenyをdisる人から言われる定番は

  • 開発(創始者)が不在
  • 運営が商材屋

この2つがありますが既にBitZenyにはこの2つがなくても

今回のような有事の際は助けてくれる仲間がいるという

強力なコミュニティや協力者、OBも多くいる

ということも明確になりました。

 

しかし今後もブロックチェーンを使い続けるということは

逆説的に言うと今回同様にセキュリティを狙ってくる輩が

今後も現れることも意味しています。

 

一方でビットコインでは51%攻撃(リプレイアタック)が

昔から危険視されています。

非中央集権のPow銘柄では避けられないことです。

現実にビットコインゴールドなどでリプレイアタックされた

事実もあります。

このような問題が起こるためASIC耐性が重要視されています。

 

今回のBitzeny防衛戦の勝因は

開発が既に対策版をリリース済みであったことや、

プール運営側、取引所の対応があったことは周知の通りですが

有志によるマイニング(Powによる正当性を証明)が広がったことが

最大の勝因だと感じます。

 

 

GPUマイニングの危険性

BitZenyは元々CPUマイニング専用の仮想通貨として

登場しましたが、今年に入ってからGPUマイニングも

広がっています。今回は他の通貨でGPUマイニングして

いた人たちも援護してくれました。

 

しかし悪意ある大規模なGPUマイナーが

BitZenyをGPUマイニングすることも簡単に想像できます。

 

セキュリティをつかなくても上記のようなリプレイアタックもあります。

とくに来年はイーサリウムがPowからPoSに

移行する可能性が高いようです。

イーサリアムGPUマイニングしていた大規模な企業が

Bitzenyをマイニングしたら簡単にリプレイアタック成功するのでは

ないでしょうか?

(現状Bitzeny用のGPUマイナーはGeForce系に特化していますが)

 

基本的に1台のパソコンに1個(or2個)しか使えないCPUと

1台のパソコンに5枚以上GPUを使えるのでは火力が違います。

 これは↓私のリグ1号機です。

 1台のPCでRyzen7 1700とGTX1060 5枚の構成です。

GPUマイニングしている人からすると

GTX1060は火力が弱いと思いますが

余裕でCPUを超えています。

 

BitZeny Plus(Bitzeny3.0)では

GPU耐性を強化するとか話題になっていました。

モナコインも昔はscryptでしたがASIC耐性を強化するため

ハードフォークした経緯があります。

今回はGPUマイナーに助けられた面もありますが

GPU耐性の強化は今後避けられないと感じます。

 

個人的な意見ですが

今回の件を通じてGPU耐性の強化は

あまり先延ばしにしない方がいいと感じます。

(とはいえ今は混乱が続いているので時期がいつとは言えませんけど)

 

そして次にBitzenyが狙われたときに備えて

自称マイナーの私もライゼンスリッパ

進化させようかなぁ~。

(本当はただの物欲ですけどねw)

 

BitZeny今週の出来事

2018/11/05 BitZenyが不正ブロックチェーンに攻撃される

2018/11/07 BitZenyの正規ブロックチェーンが承認される

2018/11/07 BitZenyBaseがオープンする

2018/11/08 BitZenyの4歳の誕生日