仮想通貨の楽しみ方

BTC、NEM、ETH、ZNYなど仮想通貨の楽しみ方


(仮想通貨で)会社を辞めて成功する人

昨日は有名ブロガーの玲奈さんが

会社を辞めることを発表していました。

玲奈さんは今回の退職は成功する

私は勝手に妄想しています。

 

私の周りでも学校を卒業して会社勤めしてから

辞める人は結構多いです。

 

株やFXでトレードしている人もいますし

転売(せどり)をやっている人もいます。

自称ミュージシャンも居ますw

身近な人では私の母も会社を辞めて自営業になりました。

 

失敗して再就職した人も何人か見てきましたが

会社を辞めて成功する人は共通点があります。

 

逆に言うと失敗する人

ただ会社を辞めたいだけだった気がします。

 

会社勤めって実はとってもなんですよw

与えられた仕事をこなしていれば

安定して定期的に給料がもらえます。

それどころか税金計算も総務の人がやってくれるので

確定申告も普通は必要ありません。

nicehashでマイニングしているグラボみたいなモノですね。

 

一方、会社を辞めるとどうなるかというと

何もしないでボケーっとしていても維持費がかかります。

部屋代、電気代、食費、携帯代・・・

大手の商社を辞めた友人も1年間くらいは

ブラブラしていて貯金を減らし続けたようですw

 

たぶんこれが1番ダメなパターンですねw

会社を辞める→貯金を減らす→バイトをする→収入減w

 

 

 

で、次にダメなパターンは

今儲かってるネタだけに専念するパターン。

儲かっているネタを本業にすること自体は何の問題はありません。

 

しかしこのネタの利益が減ってきたら

確実に収入減となります。

その後は勝手に回復すると見込めるでしょうか?

(たぶんダメでしょうねぇ~)

 

既に何十億円も余剰資金があり、

残りの人生は食べるのに困らない自信が

あれば問題ありません。

 

しかし今まで副業で年収の数倍程度儲かっていた人が

失敗人生を送るきっかけになる、よくあるパターンですね。

 

 

では、私が考える会社を辞めて成功する

パターンとは?

収入源となるネタを複数用意しておく事。

私の周りで成功している人は大抵はネタを複数持っています。

 

FXとは別にアパート経営だったり

せどり個人輸入代行業、

自称ミュージシャンの人は音楽が本業と言っていますが

実態はフリーの委託プログラマーです。(しかも優秀らしいですよ)

 

 

1つのネタ(事業)で一生ボロ儲けし続けるのは

不可能に近いと思います。

相当な努力と才能、実力がないとやっていけません。

 

プロスポーツ選手でも引退します。

Kingカズのように長く現役を続ける人もいますが

多くの選手はもっと短い期間で引退を選択しています。

 

時代の変化と共に流行廃りは絶対にあります。

今儲かると思っても、他のネタが無ければ終了することになります。

 

 仮想通貨界隈で億り人になったと有名な

ニシノカズさんは楽しそうにEnjoyしています。

twitter.com

 

仮想通貨投資で儲けて

海外で生活、法人設立&納税しているようです。

この方の場合、一見遊んでいるように見えて

投資も続けながら、ブログ収入も既に安定しているようですし

Youtubeにも参入しています。(まだ種まき段階ですけど)

海外在住で色んな場所にも訪れているようなので

海外旅行ネタとかも今後は展開できそうですね。

 

 

ではどんなネタがいいのか?

私は本業以外は安定収入が得られるネタ

1つは抑えておくべきだと思います。

最低限食べていける金額を得るためです。

 

友人のネタの場合、アパートの家賃収入だったり

個人輸入代行業、プログラマーあたりです。

 

家賃収入は原資が必要です。

株やFXで儲かった人は結構不動産投資して

収入を分散化させています。

 

輸入代行は多少の知識があれば原資はあまりかかりません。

プログラマーはパソコンくらいは必要ですけど

それ以外は自分自身のスキルです。

 

堀江 貴文さん自身がプログラマーだったこともありますが

↓の本でも原資のかからない、在庫リスクのないソフト開発を

オススメしていますね。

 

 

ブログやホームページから電子書籍や単行本に

ステップアップしてもいいと思います。

 

ソフト開発(今ならスマホアプリ)なら最初はいくつも作ってみて

軌道に乗ったら他へ展開するなども方法の1つだと思います。

 

 

 

 玲奈さんの場合はブログ収入という

安定収入もありますし、資格も持っているようなので

そちらを活かす手もあります。

 

そして何より会社を辞めるだけではないと

感じたことが、私が成功すると思った根拠です。

 

単純に何か面白そうなことをするんだろうなぁ~

って感じたからです。

たぶん、こういう人には協力者や出資者も大勢出てくると思います。

私も今後の活動を楽しみにしています。

 

 

 今後、億り人が増えて会社を辞める人も増えると思いますが

失敗しないためにも、成功するためにも

会社を辞める→独立する

といった認識で挑んで欲しいです。

 

 

ついでにいうと、

独立するなら、自分自身が経営者となり

実働は人を雇って安定した収入を得られるくらいの

規模感をめざして欲しいですね

たぶんイケハヤさんがそんな感じですよね。